浮気チェックで怪しいと思ったら探偵依頼がおすすめ!

なぜ浮気チェックをして怪しかった場合、探偵に依頼するのか?

それは、決定的な証拠をつかむためです。

プロが調査したほうが確実です。さらに、裁判を有利にする証拠を揃えてくれます。

 

考えてみてください。

素人が1人で尾行したところで、見失うのはほぼ間違いないでしょう。

また、尾行が見つかったら、相手は警戒します。

警戒している相手から証拠をつかむのはプロでも難しいです。

このように、まともな証拠が揃いません。

証拠がなければ、裁判で有利なりません。

確実に決定的な証拠つかんで、裁判を有利するためにはプロの力は欠かせないところです。

 

浮気チェックの見るべきポイントとは

浮気チェック1:携帯をチェックしましょう!

浮気している人は疾しい気持ちがあります。

  • 携帯を触ることを嫌がる
  • 家の中でも持ち歩いている
  • ロックを掛けている
  • メールや電話の相手を言わない

などの行動をとります。
また、浮気相手に時間を使うので、浮気する前と浮気している今とでは、生活のリズムが違います。

残業、休日出勤、出張が増えていないかチェックしましょう。
状況証拠がある程度揃うはずです。

 

浮気チェック2:行動パターンから予測する

毎日の行動をチェックしていると、○曜日は必ず帰宅が遅い、第○日曜日は必ず出かける等浮気相手と会っているだろうと思われる時間帯が予測できます。

この予測ができたら、あとはプロに任せましょう。

浮気相手と会っていた場合には、動画や写真で確実に浮気の証拠をつかむでしょう。

 

浮気調査においての探偵の選びのチェックポイント!

ここで探偵の選びのポイントを紹介します。

是非参考にしてみてください。

 

料金について依頼者に分かりやすくなっているか

料金でよくあるトラブルが、事前に話がないのに追加料金を請求されるトラブルがあります。このトラブルを避けるためにも、料金について情報をしっかり出して、追加料金をとらないところを選ぶようにしましょう。

 

探偵業者の届け出、会社の住所や責任者の名前を公開しているか

平成19年探偵業法が出来ました。探偵は届け出制になっています。
ちゃんと許可証を提示して、会社の住所、責任者の名前が出ているのが当たり前の業者です。それをやってない業者は、怪しい業者と考えましょう。
また、打ち合わせを事務所以外のホテルのロビーや喫茶店等でして、事務所で会おうとしない業者は怪しいので止めたほうがいいでしょう。

 

探偵業者の調査員の数が多く調査機材が充実しているかどうか

普通、尾行調査では、何名かでチームを作って行います。

優秀な調査員が大勢いる方が調査は失敗しにくいし、トラブルも少ないです。
調査機材についても、色々揃っているところがいいでしょう。

 

例えば、夜間で暗い時間帯に撮影するなら暗視カメラ、遠くから撮影するなら、望遠カメラが必要です。

つまり、状況が色々変わっても、それに対応できる機材を持っているということです。
また、調査員の技術の高さもポイントです。暗いところで暗視カメラで撮影しても、不鮮明な写真では証拠にならず、裁判で有利になりません。
機材や実際撮影したものを公開しているのは業者を選ぶときのポイントになります。

 

浮気調査にかかる料金の目安

探偵に調査を依頼するとき料金ですが、初めて依頼するのでいくら位するのか想像できないとか、すごく高いという印象を持っていませんか?

そこで、浮気調査を依頼したときの料金の目安を解説します。

 

稼動時間制の場合

浮気調査の料金は調査員が調査した時間分のみを調査料金とする稼動時間制が最も多い料金形態です。

調査員1人1時間¥○○,000で、○人の調査員が、1日○時間、○日調査したので、¥○○,000になります。

実際○のなかに数字を入れて計算してみましょう。
仮に調査員1人1時間¥15,000、調査員3名で1日4時間、3日調査したとします。

調査員1人1時間¥15,000×調査員の数3人×1日4時間×調査日数3日=¥540,000となります。

 

基本料金制の場合

基本料金制も多くの探偵で採用されている料金形態です。

基本料金に調査費用と諸経費をたす形態です。

仮に、1日あたり基本料金¥40,000調査費用、¥40,000諸経費、¥100,000で3日調査したとすると、(基本料金¥40,000+調査費用¥40,000+諸経費¥100,000)×調査日数3日=¥540,000となります。

ここで、計算したのは、あくまでも目安です。

探偵によって料金形態、単価は違いますし、調査内容、時間によっても料金は変動します。

 

不倫・浮気チェックに強いおすすめの探偵業者とは!

ここでおすすめの業者を紹介します。

 

1位 原一探偵事務所

基本料金制で料金は1日当り¥120,000(内訳:調査費用80,000円+基本料金40,000円)
交通費、諸経費、報告書作成料等は調査費用と基本料金に含まれています。
全国の主要都市に拠点を18箇所置いています。
調査機材は最新のものが揃っています。
調査実績40年以上、解決実績80,000件以上あるので経験豊富といえます。
調査終了後にも法的アドバイスや弁護士の紹介もしてくれるので、離婚を考えている人にはありがたいアフターケアです。

 

2位 HAL探偵社

稼動時間制で料金は4日当り¥288,000(内訳:1人1時間6,000円×1日4時間×4日×調査員3人)後払いです。
成功報酬制も導入しているので、調査に失敗したら、料金は¥0になります。
全国の主要都市に拠点を11箇所置いています。
調査員50名、独自の調査機材があります。
解決実績約17000件(2015年1月)、調査成功率も99.8%(2014年度)と高いです。
調査終了後にも法的アドバイスや弁護士の紹介もしてくれるので、離婚を考えている人にはありがたいアフターケアです。

 

3位 アイヴィ・サービス

料金は調査内容に応じた適正料金制です。
調査内容が人によって違うため調査時間、範囲など詳細な見積もりをして、予算に応じた最適な調査プランを作ります。
全国の主要都市に拠点を11箇所置いています。
10年以上の実績がある調査員、相談員がいます。
調査終了後にも法的アドバイスや弁護士の紹介もしてくれるので、離婚を考えている人にはありがたいアフターケアです。

 

4位総合探偵社フルスピード

稼動時間制で料金は4日当り¥240,000(内訳:1人1時間5,000円×1日4時間×4日×調査員3人)
調査員の単価が最も安いです。
報告書作成料、事前説明のない追加料金¥0です。
全国の主要都市に拠点を2箇所置いています。
調査終了後にも法的アドバイスや弁護士の紹介もしてくれるので、離婚を考えている人にはありがたいアフターケアです。